女性向けメディアを専門にプレスリリースの配信代行を行っております。大手プレスリリースサイトValuePress!と提携しております。

このエントリーをはてなブックマークに追加

\米国特許取得/当院の「脂肪再生豊胸」が 美容大国アメリカで認められ医療特許を取得! 今ならお得に受けられる“豊胸モニター”を募集中!

豊胸に特化した医療機関のクリニックビューティー恵比寿の山川院長は、美容大国アメリカでも医療特許を取得しました。

特許技術である皮下組織・皮下脂肪組織増加促進技術は、メスで皮膚を切ることなく脂肪再生注射のみでバスト脂肪組織を増やすことを可能にした、体に負担の少ない(低侵襲)、史上初・世界初の最先端医療です。

今ならお得に受けられる豊胸モニターを募集しています。

【はじめに】
美しいボディを求める女性にとってバストのコンプレックス克服は大きなテーマとなってきます。
これまでは、解決方法としてヒアルロン酸・シリコンバッグ・脂肪注入などを用いた豊胸手術が挙げられてきましたが、脂肪再生豊胸溶液をバストに注入し、自身の脂肪細胞を活性化させることでバストアップができる豊胸術「脂肪再生豊胸」が美容大国アメリカで特許を取得して話題を集めています。

従来の豊胸手術よりも優れている“切らない脂肪再生豊胸”とは一体どのような豊胸術なのか?
この記事では、美容大国アメリカで特許取得済みの脂肪再生豊胸の特徴や施術内容、注目すべき3つのポイントを詳しくご紹介していきます。
豊胸手術に興味がある方に向けて要点をおさえて分かりやすく解説していきますので、是非参考にしてみてください。

【世の女性が豊胸手術を望む時代】
脂肪再生豊胸についてご紹介する前に、国際美容外科学会(ISAPS)が行なった美容整形に関する「年次国際美容調査」の結果をご紹介します。

世界の美容整形手術実施数上位8カ国を対象に行われたこの調査では、最も人気の高い美容整形手術が「豊胸手術」であったことが分かっています。
また、実際に美容整形手術が行われた件数を見た場合も、豊胸手術(シリコンバッグ・インプラントなど)が全体の上位5位に入っています。

しかし、豊胸手術の施術方法に対して不安を感じている女性もおり「豊胸したいけど怖くて踏み出せない。」という方も少なくありません。
そこで皆さんに注目していただきたいのが、“切らない豊胸術”である「脂肪再生豊胸」です。

【次世代の豊胸術「脂肪再生豊胸」とは】
憧れの豊潤なバストラインを手に入れられる豊胸手術は、バストに対してコンプレックスを抱えるたくさんの女性を救ってきました。
そんな豊胸手術の選択肢に脂肪再生豊胸という豊胸術が誕生し、業界に新たな旋風を巻き起こそうとしています。

「脂肪再生豊胸」
https://the-clinic-beauty.com/treatment/bust.php

まずは、美容大国アメリカでも特許を取得した脂肪再生豊胸について詳しくご紹介していきます。

【脂肪再生豊胸が美容大国アメリカで特許を取得】
先進の美容医療クリニックとして最新の豊胸手術を提供している「クリニックビューティー恵比寿」の「山川院長」が、バストを切らずに注射のみで豊胸ができる「脂肪再生豊胸」を独自に開発し、日本特許、そしてアメリカ特許を取得しました。

従来の豊胸手術よりも安心で優れている脂肪再生豊胸は、次世代の「萎まない、理想の美バストが叶う」豊胸術として業界から注目を集めています。

「バストにメスを入れるのが怖い。」「バストが硬くなったり、しこりができたらどうしよう…」という豊胸手術に対するイメージを一新するため、メスを入れない、体に異物を入れない“世界初”の脂肪再生豊胸を誕生させ、美を求める女性の救世主となりました。

【脂肪再生豊胸の特徴】
「脂肪再生豊胸」には、山川院長が特許を取得した「バストグロウ」という脂肪細胞の成長を促す技術が用いられています。
脂肪再生豊胸を簡潔にご説明すると、バストの脂肪組織に脂肪再生豊胸溶液を注入し、脂肪組織の自己再生能力の促進によってバスト内の自身の脂肪細胞を増殖させるというものです。
メスを入れずに患者様から脂肪細胞を採取して加工を施し、細胞を取り除いた自己血漿に脂肪乳剤と繊維芽細胞成長因子を組み合わせたものをバストの脂肪組織に注入します。
従来の脂肪豊胸にあるような脂肪吸引を行なってバストに移植するという手順がないため、患者様は安心して手術を受けることができます。

【脂肪再生豊胸の注目すべき3つのポイント】
豊胸手術を受ける患者様は、とにかく安全で精度の高い施術を受けたいと誰しもが思うでしょう。
ここからは、アメリカ特許を取得した脂肪再生豊胸の安全性や仕上がりなど知っておきたい注目ポイントをご紹介していきます。

1. 発がんのリスクがない高い安全性
人工のシリコン製バッグを埋め込む豊胸手術は、体内に異物が侵入したという反応を起こすことでインプラント周辺に被膜ができ、リンパ腫の細胞が発生する可能性があると指摘されていました。
実際に米食品医薬品局(FDA)は、豊胸手術などで人工乳房を使った場合に特殊なリンパ腫の発症をしたケースが僅かながらあると報告しています。
可能性がごく僅かにしても、発がん性を伴う施術は豊胸手術のネックともいえますが、「脂肪再生豊胸」は体内に異物を投入することも加工をすることもないため、発がんのリスクを心配する必要がありません。
これは脂肪再生豊胸を受ける患者様が安心して施術に臨める大きな利点であり、脂肪再生豊胸ならではの強みです。脂肪組織に使用する薬剤も遺伝子を傷つけることなく施術後の3週間以内に体外に排出されるか全て吸収されます。
乳癌を発がんさせる要素もなく、施術後の豊胸効果が安定していることが安全性の高さを物語っています。

2. 施術時間と施術中の痛みについて
豊胸手術が怖いというイメージを持っている方は、施術時間は何時間くらいで痛みはどのくらいあるんだろう、と気になってしまうものです。
脂肪再生豊胸の施術時間は僅か約10分です。
施術で使用される脂肪再生豊胸溶液を注入する際の痛みを発生させる要素はありませんが、注射を行なった後の皮膚の伸展による痛みが発生する場合もあります。しかし、脂肪再生注入は笑気ガスと麻酔クリームだけの施術となるため、体への負担を最小限に抑えることができます。

従来の豊胸手術の中にはメスを使って体内にシリコンバッグを挿入するような施術がありますが、脂肪再生豊胸は体を傷つけるリスクを回避できるため、より安全で痛みの少ない豊胸手術を求めている方に最適な豊胸術といえます。

3. 自然なバストが誕生する
脂肪再生豊胸は、施術を受けたことが分からない自然なバストを誕生させることができます。
脂肪組織に注入された脂肪再生豊胸溶液は施術後3週間以内に体外に排出されるか、または吸収され、体内に残るのは増加した脂肪細胞だけになります。

豊胸手術を受ける患者様はバストが硬くなったりしこりができたりすることを心配されますが、脂肪再生豊胸は生まれ持った豊かなバストと区別ができないくらい自然な豊胸を実現させます。
感触も自然なバストと比べて違和感がなく、施術後3週間以降は自信を持って異性やパートナーとの触れ合いをすることができます。

【まとめ】
美容大国アメリカで特許を取得した脂肪再生豊胸の特徴や施術内容、注目すべき3つのポイントをご紹介しました。
今注目されている「脂肪再生豊胸」は、バストを切らずに脂肪再生豊胸溶液の注入のみで自然な豊胸ができる次世代の豊胸術です。
脂肪再生豊胸の施術時間は10分というとても短い時間で、患者様の体への負担が最小限に抑えられた安全性の高い施術となっています。
バストが硬くなったり凸凹になる心配もなく、脂肪細胞だけが体内に残り、豊胸手術を受けたことが誰にも分からない究極ナチュラル美バストを手に入れることができます。
クリニックビューティー恵比寿では、無料のカウンセリングを行っていますので気軽に相談することができます。気になる方は是非一度チェックしてみてください。

<価格(税込)>
通常価格  : 1,037,980円(税込)
モニター価格: 751,980円(税込)
※モニター価格の中には、モニター検査料・診察料が含まれております。

<山川院長監修/豊胸術で「よくある失敗例」「デメリット」を学ぶ情報サイト>
http://houkyou-navi.jp/

このエントリーをはてなブックマークに追加

企業情報

商号
株式会社インフィール
本社所在地
東京都渋谷区幡ヶ谷1-8-3
代表者名
三浦 雄一
WEBサイトURL
http://imfeel.jp/
業種
広告・デザイン