女性向けメディアを専門にプレスリリースの配信代行を行っております。大手プレスリリースサイトValuePress!と提携しております。

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本初のナルコノン開設に向けて「薬物リハビリテーション施設 ナルコノン」について勉強会を大阪にて開催しました!

 現在の日本では芸能人の薬物乱用や、学生が大麻をスマホケースに入れていたニュースが報道され、身近に迫る問題となっています。

 ちょっとした好奇心や仲間意識で違法薬物を使い始めた時期から、依存症はみえないところで少しずつ進行していきます。薬物乱用を繰り返すうちに、やがて、少しずつ依存が形成されて、薬物使用がコントロールできなくなっていきます。その結果、薬物乱用の頻度がどんどん高くなってしまうのです。一度違法薬物に手を出してしまうと悪循環が始まってしまいます。
 
 そのような中、薬物リハビリテーション施設「ナルコノン」は薬物とアルコールの乱用から数え切れないほどの命を救ってきました。ナルコノンプログラムは、代替薬物を使用せず、覚せい剤、麻薬、アルコール、医薬品などの依存症をリハビリします。薬物による悪影響を取り除き、さらに人が頼るようになったそもそもの理由にも取り組むことにより、高い効果をもたらしてきました。現在までに、何万もの人が薬物のない新しい人生を手に入れています。
 
 そのような中、日本でのナルコノン開設に向けて、「ナルコノンを知る勉強会」が大阪にて開催されました。この勉強会ではナルコノンプログラムを卒業した方の報告や、ナルコノンジャパン代表の説明会もありました。会場は各地方からいらしてくださった方々もおり、満席となりました。

 ナルコノンプログラムを卒業された方は「薬物から解放され、頭痛や口の中の金属の味、たまにある身体の不調、ふと以前の嫌な思い出がふわっとわき落ち込むようなこともなくなり驚いています。感謝しかありません。」と話されました。このように解決策があります。
 
 二度と薬物に戻らないようにするための素晴らしいプログラムがナルコノンにはあります。プログラムに興味がある方はぜひお問い合わせください。
  

<セミナー日程>
2020年3月21日(土)12:30〜14:30
会場:チサンマンション第七新大阪<ワールド会議室>
大阪府大阪市淀川区西中島6-2-3
参加費:1000円
お問合せ:ナルコノンジャパン
narcononjapan@gmail.comまで


 ナルコノンは、教育者であり人道主義者のL.ロンハバードによる研究成果を用いて数十年来の薬物依存から離脱した受刑者によって、1966年に創設されました。現在ナルコノンは世界規模のネットワークとなり、人々が薬物依存から立ち直るのを日々助けています。
ナルコノン薬物防止・リハビリテーションの手法は、代替的な薬物を一切使用せず、正確なプログラムに沿って、薬物に結びついた精神的、肉体的な苦痛を緩和する手順を用いて、他体内に蓄積された残留薬物を消し去ります。

 ナルコノンのリハビリは、薬物乱用による精神的な悪影響だけでなく、人が薬物に頼るようになった根本的な原因にも取り組みます。現在までにこのプログラムは何万もの人が薬物のない新しい人生を歩む手助けをしました。

 しかし、ナルコノンはそれだけにとどまりません。薬物の防止と教育のプログラムを通じて若者にも大人にも薬物と薬物乱用について知らせています。現在までに、ナルコノンの薬物教育スペシャリストは1600万以上の人に直接メッセージを伝えてきました。
 
 個人の真の自由は薬物乱用や薬物依存であふれかえっている世界では獲得出来ません。だからこそ国際サイエントロジー教会の協力によりこの社会問題に効果的に対処するプログラムに全力を注いでいます。


 特定非営利活動法人イマジンは、知的障害者のノーマリゼーション、覚せい剤撲滅の普及啓発活動を行っており、自立する人々のための活動を応援します。

このエントリーをはてなブックマークに追加